ボランティア運営相談3回目 (2000年3月24日)

運営相談3回目 
2000年3月24日の話し合いの報告です。

 

 金額・・・うーーん、むつかしいですねえ。
 まあ取りあえず下記のようにやってみますが・・・

 まず4月9日(日)のことから。
 
 11:00集合 講義(30分)
 11:30計画書・準備 終了後昼食各自
 12:50集合
 13:00託児開始
 16:00保護者へ その後報告書作成
 16:20ミーティング
 17:00終了

 9日やること
   1.プール
   2.ジュース
   3.部屋で遊ぶ(子どもによっては散歩)

 というわけでボランティアさんはプールの用意をお持ち下さい。

 なお私は現在参加者(利用者)とボランティアを確定する作業に
入っています。
———————————————————-
やったこと概要

  1・申込書(状況票)の検討
  2・計画書・報告書の検討
  3・託児申込み金額
  4・ボランティアの受け取る金額
  5.システム
  6・時程案(以前より1時間遅くした)
  7・支援NET2000の紹介
  8・予定を知らせてもらう
  9・4月9日の予定
 10・その他
———————————————————–
1.申込書の検討
   そのままやってみる。
   次回印刷する時はコミュニケーション欄を大きくする。 

2.計画書・報告書の検討
   子どもたちを「参加者」ボランティアを「ボランティア」とし、
   後はもとのまま。

3.託児申込み金額について
   1回1人1500円 兄弟がいて増えると1人500円
   (増えた部分についてはとりあえずこれで出発してみて
    無理なようだったら増額も・・・)
   本人が飲むジュース代やプール代はさいふに入れておいて
   もらい、そこから使う。
   ボランティアが飲むジュースなどは自腹。

4.ボランティアの受け取る金額
   交通費のみ

5.システム
   私がコーディネート。2週間前に確定(ドタキャンしないでね)
   ボランティアで当日担当の子どもがいない場合「研究科」に無料
   参加できる。ただしこの時は交通費はなし。

6.時程
   4月9日の予定に書いたとおり。
   ただし現役の養護学校教師は講義ぬきで12時半頃来ても良い。

7・支援NET2000の紹介
   ボランティア参加をお願いするかもしれない。
   もちろん「自分で話を聞いてみたい」という方も申し込んで頂いて
   いい。

8・予定を知らせてもらう
   それぞれの参加できる日を聞いたが、5月以降は4月の新学期に
   ならないと何とも言えない、という人がほとんど。

9.4月9日の予定
   上記の通り

10.その他
   TASの旧「託児のポイント」を配り、若干の説明。